かつべ牛

かつべ牛とは

島根和牛 かつべ牛かつべ種畜牧場では最高級品の肉づくりと安全性にとことんこだわり、種雄牛づくりと子牛生産から食肉流通までを一貫経営しています。

また、「安全」で「おいしい」島根県産和牛肉を提供するために組織された『しまね和牛肉ブランド確立協議会』から島根県内の和牛生産者では初めてしまね和牛肉を販売する指定店として登録を受けています。

「かつべ生まれ、かつべ育ち」を誇りとするかつべ種畜牧場で育った和牛の品質は全国でもトップクラス。

かつべ牛は、融点の低い(人肌で溶ける)脂肪が特徴で、もたれにくく、
また肉の風味、やわらかさが際立ちます。
なかでもオレイン酸の割合は60.4%と全国で2位の記録を持っており、高い評価を得ている逸品です。

オレイン酸とは

肉の旨味成分で肉質の順位をつける目安にもされるオレイン酸。

不飽和脂肪酸であるオレイン酸は善玉コレステロールを減らさずに悪玉コレステロールを減少させる効果があるとして近年注目されている脂肪酸です。

オレイン酸は脂の融点を低く、肉の風味をよくします。
一般的な和牛では全脂肪酸の約50%がオレイン酸です。

「かつべ牛」ページ関連情報